ラットとバトルは

ナァナとジワンは

そこまでしなくてもいいのではという消極論も出たが、樋口公安部長は断固として譲らない。甲論乙駁の結果、樋口案は採用となり、機動隊はにわかに忙しくなった。まず所要の土のう数を検討した結果、千八百六十袋の麻袋、交際クラブとナァナを調達することとなった。そして石のように堅い凍土を掘ってつめ、二十三日午後一時半から夕刻までに山荘正面の道路にまず三百二十袋、高さ一・五メートル、長さ五メートルの土塁を構築した。

一人とも「五年後の引退」が夢だ。それまで何千本のナイフを投げ、何千本が体すれすれに突き刺さるのだろう。開演二十分前。まだ陽射しが強い。ちぎれ雲みたいな綿アメがいくつもテントの周りで踊っている。子供たちがけつこう入ったらしい。草いきれに綿アメの甘さが混じった、胸騒ぐにおい。首まで陽に焼けた農民や銀歯のおばあちゃんが切符売り場に列をつくっている。カエデの木の向こうから、よそ行きの服に着替えた客たちがぞろぞろやってくる。

駐在のお巡りさんがその後のようすをききにきたときは、罪人扱いだといって怒ったりもして、落ちつきがなくいらいらしていた。時がたち、田の畦草も褐色の眠りからさめて緑の芽を伸ばしはじめる頃となってすっかり落ち着きを取り戻し以前の母に帰った。こうして案外早く全快できたのもやはり入院治療を受けたおかげもあったろうが、それよりも、忙しい農繁期の到来によって生来働き者の母の神経をすっかりもとのものに呼びさましてくれたのかも知れないと思った。

だからこそ、人格未熟な六歳で出家し、超過保護な母親に守られた、依存心の強い人間でも生きられたのではないか、と高山は分析する。決められた形式、規律・規範、価値基準に、ただ盲目的に従っていれば、よかったからである。しかも、〃狼下の子″という旗印は、僧侶社会では、何かと免罪符となったはずである。その〃オムッのとれない老人〃(高山)が、六十七代目の〃税座(げいざ)″に。

あぜんそして、部屋にはいった私は唖然とした。久しぶりの自室は、ひどい状態だった。もともと私は、部屋をきれいに整理整頓(せいとん)をするのが大好き。休みの日には朝から自分の部屋の掃除をし、模様替えをするのが楽しみで、家出のときもきれいに整理してから出発していた。その部屋中に、洋服から下着までが足の踏み場もないほど乱雑に散らばっていた。ダンスの引き出しも引っ張り出されたまま。

けれどもそれは、自分探しの旅などというかっこいいものではなく、また甘つちよるいものでもなかった。何度か転職してみたが、自分の居場所は見つからなかった。ちゃんと職があるのにぜいたくぬかすな、とまわりの人たちに叱られもした。職場をかえ、新たな可能性を見つけようとするたびに、自分は何を求めているのか、本当にやりたいことは何なのか、その答は逆に遠のいていく気がした。もがけばもがくほど、自分の身体が泥沼にはまり込んでいくようであった。

もう一つのより重要な点は、人間相互間の安らぎです。過去の厄介な真実を知ろうとする努力をせずに、それを達成することはほとんど不可能です。しかし真実が厄介なのは、事態を解明する点だけにあるわけではありません。すべての努力が人間的な目的に沿っているか、つまり互いの理解と和解のためであるかどうかという点にかかっています。理解と和解を意図せず、その見込承のないままに真実を探求するのは

妻には、封吹をあの将軍に売りこもうと考えている、とだけ告げた。同意を求めたのではない。ただ、告げたのである。当時はこれがあたりまえだったとはいえ、曾祖父の場合は、それだけではない。彼は、妻を心底さげすんでいたのだ。曾祖母は涙を見せたけれども、何も言わなかった。玉芳にはひと言も洩らすな、と曾祖父は妻に厳命した。娘の意向をたずねるなど、論外だ。結婚は取引であって、感情の問題ではない。本人には、縁談がととのってから伝えればよい。3寸金蓬粍将軍への働きかけは、遠まわしに進めなくてはならない。稼は、そのことをよく承知していた。あからさまに売りこんでは娘の値打ちを下げることになるし、将軍のほうから断ってくる可能性もないとはいえない。このほかに案外見おとされるのは、これらの国々でのドイツ語の位置だ。長いこと有能なドイツ人の入イツ人もあり、ドイツ語はコン時ア語よ植などでドと共存したせいコメ代にもロシりはるかに強い共通語であったことだ。いまも経済的理由から、ドイツ語が改めて強い共通語となっている。宗教は、民族を超え、南と北の2つに大別される。南方のルーマニア、ブルガリア、ユーゴスラヴィアではギリシアビザンチン以教来の正(オルソろが的に優ているは礼器をいっさい、ドック圧倒位を保っ。